FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こんばんは、みらいふ奥村です

今日は最近増えて来ている

ペットの交通事故のお話




あなたが大切にしておられるペット



法律上の解釈では

物(動産)という扱いになります





その大切なペットが

交通事故に遭った場合

飼い主であるあなたに

管理上の責任があれば

責任割合に応じて過失相殺が

適用されます






ペットがケガをした場合であれば

要した治療費を請求出来ますが

不幸にして死んだ場合は

どうなるでしょうか?






ペットが亡くなった場合は

そのペットを購入した価格となります

具体的には、そのペットと同等の

購入取引価格に照らして算定されます








では慰謝料については

どうでしょうか?






冒頭、申し上げたとおり

ペットは法律上、物として扱われるため

基本的には慰謝料は認められません





但し、血統書や希少価値がある場合は

例外的に慰謝料が認められるそうです





大切なペットは家族同然なのに…

「物扱い」って

ちょっと酷いですね





いずれにしても

大切なペットが事故に遭わないよう

飼い主が気を付けて下さいね!





スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://milifestaff.blog101.fc2.com/tb.php/619-8e5cfc6c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。